ROUTE GADGETの概要

 ROUTE GADGETとはオリエンテーリングのルートを描画し、比較するためのWebアプリケーションです。オリジナルバージョンはJarkko Ryyppoさんによって開発され、現在では世界中のオリエンテーリングクラブで使用されています。

ROUTE GADGETで出来る様々なこと

 ROUTE GADGETは、大勢の人が使うことで本来の力を発揮します。自分と他の選手のルートの比較、選手全体のミスしやすいレックの分析などさまざまです。ROUTE GADGETがあれば選手に直接ルートを聞く・伝える手間が省け、かつ大量の選手のルートを見ることができます。

 1人でもルートを記入することで、反省に使うことが出来ます。ラップファイルを使用してタイムとルートを連動させているため、地図上の点が自分の代わりとなって動きます。自分のミスの傾向、自分の得意・苦手な部分など分析がより簡単になります。

入室

ROUTE GADGETの入室はこちらです。

入室にはID・パスワードが必要です。大会で配布したRouteGadget案内の紙下部をご覧ください。
旧RouteGadgetを使用したい方はお問い合わせへご連絡ください。

入室用IDに不備がございました。本当のIDは kolc_rt_comp です。
パスワードは紙に書かれた8文字の数字をそのまま打ち込んでください。申し訳ございませんでした。

右上ボタンの簡易説明

【Hide Names】…マップ上の点と一緒に動く自分の名前を省略したり非表示にすることができます。
【Show Controls】…マップ上にその大会全てのポストを表示することが出来ます。
【Zoom In】…地図を大きく表示します。
【Reset】…表示される縮尺を元に戻します。
【Zoom Out】…地図を小さく表示します。
【Opitions】…マップの透明度、ルートの透明度、線の太さなどを表示することが出来ます。

閲覧の仕方

1.メニューから【Events】をクリックして、閲覧したいイベント・大会名をクリックしてください。

2.メニューから【Courses】をクリックして、【Course】の下の、閲覧したいコースの横のアイマークにチェックを入れると、そのコースのレック線が表示されます。
一番右のチェックボックスにチェックを入れると、選択したコースのROUTE GADGET参加者全員のルートが表示されます。

3.また、【Results】の各コース名の横のチェックボックスにチェックを入れても、そのコースのレック線を表示できます。
鉛筆マークの列にチェックボックスが付いている中で、閲覧したい人を探して、チェックを入れましょう。
※鉛筆マークのついていない人は、ROUTE GADGETでルート記入をしていない人です。※

4.閲覧したい人の、再生マーク(右向き三角)の行のチェックボックスにチェックを入れてください。
入れたら右下の再生ボタンを押してください。
これで見ることができます。

記入の仕方~手動入力~

1.閲覧したい時と同じように【Events】をクリックして、自分の参加したイベントをクリックしてください。

2.【Draw】をクリックして、【Select course】から自分の参加コースを、【Select name】から自分の名前をクリックしてください。

3.自分の出走コースの1ポ(スタートの次のポスト)が赤くなります。地図をみて目的のポストまで、実際辿った通りにクリックして進んでください。赤丸の中心点にたどり着いたら次のレックが赤くなります。その繰り返しでゴールまで辿ってください。
地図読みなどで3秒立ち止まった時は、【+3sec】を押してください。1回押す度に3秒追加されます。

記入の仕方~GPS使用入力~

1.コースと自分の名前選ぶ
2.gpxデータ参照
3.スタートとゴールを合わせる
4.保存(SAVE)

意見、質問

何か気になる点やご質問のある方はRG担当、三浦までご連絡ください。
三浦PC orange0921hm★gmail.com(★を@に変えてください。)

参考・使用サイト